40代は肌の変わり目!スキンケアコスメの変えどきを知らせるサイン
ロゴ

保湿重視のスキンケアコスメが40代の肌を美しく魅せる!

40代は肌の変わり目

40代になってから、今まで目立つことはなかった肌トラブルが、目立ち始めたと感じていませんか。それは、ホルモンバランスの変化によるもの。40代を皮切りに、以下の肌トラブルが現れやすいですよ。

40代の肌悩みベスト5

no.1

たるみ

加齢により、引き起こされるのが「たるみ」。原因として、肌の真皮層でコラーゲンの量が減り、肌を支える力を失ってしまっている状態です。重力に逆らえず、皮膚が下がってしまうことで、老けて見えてしまいます。

no.2

シミ症状

40代に多いのが、老人性色素斑という比較的薄めのシミ。また、肝斑や炎症生色素斑も40代に多め。主な原因は、長年紫外線を浴び続けたことによる影響で、徐々に目立ちやすくなります。

no.3

しわ

40代になると、肌の真皮層のコラーゲン量が減少してしまいます。それにより、肌のハリや弾力が失われてしまいます。また、肌乾燥や紫外線の影響によってしわが生じやすくなるのです。

no.4

くすみ

くすみが目立ってしまう原因は、肌の新陳代謝の低下。肌の新陳代謝は、本来古くなった角質が剥がれ落ち、新しい皮膚が表面に出てきます。しかし、加齢によって本来剥がれ落ちるはずの皮膚が蓄積してしまうことで、目立ってしまいます。

no.5

毛穴

毛穴が目立つのは、肌の乾燥による影響が大きいです。乾燥が、肌から潤いを外に逃してしまうため、本来の弾力が失ってしまいます。皮膚を支える力が衰え、たるんでしまうことで、毛穴を目立たせてしまいます。

40代は肌の変わり目!スキンケアコスメの変えどきを知らせるサイン

鏡を見る女性

40代の肌に起きる異変

40代は、女性ホルモンが減少傾向になります。その影響を、顕著に表すのがお肌。女性ホルモンの一種であるエストロゲンの減少によって、お肌が持つ水分保持成分も減少してしまい、肌が乾燥しやすくなるのです。また、汗線や皮脂腺の機能低下による皮膚の水分蒸発防止力、肌の新陳代謝の低下を引き起こしてしまいます。その影響により、しみやしわ、たるみ、角質などの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

スキンケアは保湿を重視!

加齢による影響を感じさせないためには、皮膚の乾燥を防ぐべきです。乾燥によって、皮膚を支える力を衰えや、外部刺激の影響を減らし肌トラブルを回避するためには、保湿に優れたスキンケアコスメに変更すべきです。

肌質の変わり目に合わせたスキンケアがきれいを作る

真の保湿は「水分」と「油分」

乾燥しがちな肌には、潤いを与えれば良いと思われがちですが、そうではありません。ハリと弾力をもたらすには、水分と油分のバランスがカギとなります。一方的に、水分を与えるだけでなく油分も適度にあげることでお肌に潤いを与えられます。

丁寧な洗顔

40代のお肌は、乾燥しやすいため若い頃のようにゴシゴシ洗顔すると、余計に肌を乾燥させてしまいます。洗顔では、洗顔フォームを専用の泡立てネットを使ってきめ細かに作り、手のひらで直接顔の肌をこすらないよう優しく洗顔してください。

紫外線対策

肌の老化を防ぐためにも、今以上に紫外線対策は重要です。一見、普通に日焼け止めを使えば良い印象を抱きますが、ただの日焼け止めクリームやスプレーでは、余計に肌を乾燥させてしまうこともありえます。紫外線の影響を減らすためにも、SPFとPAの数値が高めの日焼け止めクリームやスプレーを選びましょう。また、日焼け止めクリームやスプレーに、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿に優れた成分を含んでいるものを選ぶのもおすすめです。